EDを食生活から改善する

EDを食生活から改善する

ED(勃起不全)になってしまった、又は中折れしたり、最後までフィニッシュ出来なかったなどのお悩みを抱える方は、日本では1000万人を超えるとも言われていいます。
ED治療薬は今では気軽にインターネットで購入できます。バイアグラ、シアリス等の薬は有名な治療薬ですが、最近では低価格なED治療薬のジェネリック医薬品も出回っていて、気軽に購入することが出来ます。治療薬で改善するのはその場しのぎで長期的な視点に立つと体の健康から改善していかなければなりません。
そこで今回は体の基礎となるED克服のための食生活について紹介します。

まずはカロリーをしっかりと取りましょう。といってもカロリーの取り過ぎは肥満の原因になるので、男性ホルモンを増やすためには、しっかりと運動をして消費したカロリーを摂取することが必要です。適度な運動は男性ホルモンを増やす効果があります。

たんぱく質が少ないと男性ホルモンの分泌が制限されてしまうので、動物性、植物性のたんぱく質を含んだ食材を食べるようにしましょう。たんぱく質を多く含む食品として、納豆、卵、豆腐、貝類、牛乳、牛肉の赤身、鶏モモ肉、チーズ、マグロ赤身です。これらをバランスよく食べると健康にもいいでしょう。

ビタミンをたくさん取るようにしましょう。ビタミンは男性ホルモンの分泌を促すので、ビタミンE、ビタミンCを摂取するといいでしょう。ビタミンEを含む食材は、青魚、大豆、アーモンド、大根、かぼちゃ、マヨネーズです、ビタミンCを含む食材は、レモン、ライム、オレンジ、アセロラ、トマト、ブロッコリー、ホウレンソウ、ジャガイモ、さつまいも、海苔です。以上の食材を組み合わせてバランスのいい食事を心掛ければEDの解消にもつながります。