EDの原因を知る

EDの原因を知る

突然EDになってしまった。まさか自分がEDになるとは思わなかった。そう感じる男性は多いと思います。まだ20代、30代なのに、EDを発症する人は多いのが現状です。
なぜEDになるのか?原因は色々ありますが代表的なものをご紹介。まず、加齢による血流の流れが悪くなる事によるEDです。勃起はペニスへ血流が高まることで起こる現象なので動脈硬化などで血流の流れが悪くなるとEDになる可能性は高まっていきます。

逆に、若くてもEDになる原因としては生活習慣病です。日々の日常生活で感じるストレスや社会不安、性的なトラウマ、様々な不安によるストレスが要因となりEDを引き起こします。生活習慣病は喫煙、飲酒、暴飲暴食、運動不足、肥満、ストレスなどを原因とします。また高血圧症、糖尿病、高コレステロール血症につながり最悪心臓病、心筋梗塞、脳卒中など死につながる病もあります。
EDと生活習慣病に関係性があるとあまり知られていない為、生活習慣病が原因でEDになっている人の場合は原因となっている事柄を解決すればED回復にもつながります。また、生活習慣病が原因でEDになるケースはもっとも多い為、EDになった場合他の病気も一緒に見つかる可能性もあります。EDになってしまったら焦らずまず自分の生活習慣を見直してみてください。そして生活習慣を改善しながら精力剤などのサプリメントに頼るのも良い手だと言えます。